SSブログ

東京春のコーラスコンテスト2022 [アンサンブルコンテスト]

2/20(土)、浜離宮朝日ホール音楽ホール[552席]で開催された東京春のコーラスコンテスト2022(クラシック・現代音楽部門/指揮あり/男声)に出演した。
結果は昨年に引き続き銀賞[平均点80点以上85点未満]受賞、金賞[平均点85点以上]まであと僅かな点数を頂戴した。
 ▼審査結果はこちら
 ▼団体向け得点通知書のサンプルはこちら(東京都合唱連盟HP内)

K.B.SINGERS'
指揮:笹口圭吾
参加者:Top2/Sec3/Bari2/Bass3 計10名
出演順:1番目[6団体参加]
曲目:男声合唱のための 夜もすがら
    詩:鴨長明 曲:千原英喜
   合唱による風土記「阿波」 〜1. たいしめ(鯛締)
    曲:三木稔
結果:銀賞

 

−当日のスケジュール−
 9:15/自宅発
 12:00−13:00/直前練習(ピアノアートサロン)
 13:30−13:50/昼食
 14:00−15:10/クラ現・女声鑑賞
 15:30/開演
 15:30−15:37/本番
 16:30/終演

当初は[12名]で出演予定していたが、諸事情により2名が直前に出演不可となり[10名]で出演した次第である。
K.B.SINGERS’は<5年連続>で春こん。に出演、過去3回は優秀賞受賞、昨年は銀賞受賞、今回は"願わくば"金賞!を目指して、様々な制約の中練習に励んできた。
本番前の客席待機時には少し緊張するも、本番はホールの豊かな残響を楽しみ、存分に音楽に入り込んで歌えた。
昨年、私は本番当日の直前練習時に父親の入院先から緊急電話が入り、泣く泣くステージをキャンセルしたこともあり、今年は無事に出演できて、かつ銀賞受賞したことが素直に嬉しい!
 ●K.B.SINGERS'、春こん。にて銀賞受賞!

なお、金賞・1位を受賞された合唱団風流[20名]は大変上手で、見慣れた方々が多数いていると思ったら、早稲田大学コール・フリューゲルOBによる合唱団。
2016年第69回全日本合唱コンクール全国大会[鳥取県とりぎん文化会館梨花ホール/自由曲:落下傘(詩:金子光晴 曲:高嶋みどり)]で金賞受賞されたメンバーが数多く、上質な音楽がホール内に満ちていた。
 ●無伴奏男声合唱のための小組曲「見よ、かの蒼空に」 
  短歌・詩:石川啄木 曲:信長貴富
 ▼「石」はこちら
 ▼「少年」はこちら
 ▼「終曲」はこちら

同日のフォルクロア部門において、笹口先生が指揮されたKoto Youth Choir[12名](江東少年少女合唱団の卒団生で構成)は金賞・1位で東京都合唱連盟理事長賞を受賞された。
音色の純度、和声の精度、3声のブレンド感、ユニゾンの統一感、強弱のメリハリなど、どれも凄い高い水準で、終始驚かされた演奏であった。
ガラス細工のような繊細すぎる音空間を発していて、まるで福島県立安積黎明高校合唱団のような響きだ!

−東京都合唱連盟Facebookから転載−
 20220220春こん1.JPG

 Image-1.jpg

男声合唱団K.B.SINGERS' HP

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。